検索

「良い食品は私たちの魂を高揚させ、 世界をより深く理解する手助けをしてくれる」

唐突ですが、アウトドアアパレル企業のパタゴニアが、 食品事業を始めたのをご存知ですか? 最高の製品を作り、 環境への負荷を最小限に抑えることを目標としているパタゴニア。 彼らが旅するのは自然が多く残された場所。 その地で暮らす人々の伝統的な食事は、その地ならでは素材であり、料理法であったはず。訪れた人をもてなし、癒すものだったのではないでしょうか。 「良い食品は私たちの魂を高揚させ、 世界をより深く理解する手助けをしてくれる」 わたしが食に関心を持つようになったのは、アフリカに6年近く滞在したときから。 「共食」は、まさにアフリカの食事風景から感じ取ったもの。 わたしと、世界との関係をみつめなおすひとつのきっかけが、食べる瞑想なのです。 ところで、みなさんはどんな食べものが好きですか? わたしはスープやシチュー、煮込み料理が大好きです☺ 身体に、うるおいと温かさを与えてくれ 滋養をしみわたらせてくれるようなスープ。 パタゴニアでは、 スープが「理想的な食品」として紹介されています。よかったら読んでみてくださいね。 パタゴニア・プロビジョンズ http://www.patagonia.jp/provisions 12月の食べる瞑想では、 今が旬のかぶとお出汁のポタージュをつくります。 これは、2年くらい前に〝発明″(というか適当につくってみた、 笑)したレシピなのですが、 かぶってこんなに味わい深かったのか!と驚きました。 浅漬けやグリル、普通に煮込むのも好きなのですが、 おろしたかぶのおいしさはまた格別です。 松山あげという、これも素材、製法を厳選した、 さくふわとろっの

愛と笑いと。

今日は11月11日だ!さっき、夜の11時になった。 わたしの愛する世界って、どんな感じだろう。 あるとき友人と 電車のなかで笑い転げて 別れてからもずっとおかしくて こんな風に笑いながら一生を終えたい、ってメールを送った。 笑うのも泣くのも 他にどうしようもないときに人間がするものだ って言ったのはヴォネガットだ。 泣き笑い。 慈悲の世界。 そんなことを知ったのは、コミュニティファシリテーションのある場だった。 ここ数年関わっているコミュニティファシリテーション研究所で、この秋新たな基礎講座を全国で展開している。名古屋、福岡がすでに終了して、この日曜日に大阪、月末は東京で。 ひとつとして同じ場はない。その瞬間は二度とは来ない。 集まった人たちと、そのときにしかない時間を過ごす。 もじょもじょするかな。緊張するかな。 今から、とても楽しみ。 【大阪】コミュニティファシリテーション基礎講座 http://comfaci.com/31/161113/ https://www.facebook.com/events/204942209944275/ 日時:2016年11月13日(日)10時~17時 会場:コミュニティファシリテーション研究所 大阪実験室(阪急線神崎川駅徒歩4分) 参加費:9,000円 講師:廣水乃生(ひろみずのりお)コミュニティファシリテーション研究所 代表 パタゴニア日本支社年次戦略会議をはじめ、様々な企業、行政、民間団体等で会議、研修のファシリテーターを務める。 #コミュニティファシリテーション

陰陽ヨーガと食べる瞑想+共食(プチ忘年会!)12/2(金)19h15-22h

海のミルク。 生食用の牡蠣が手に入ったので、 もちろん生食と 玄米の豆乳おじやにそっといくつか沈ませて ほわっとあたたかいのと。 あー、しあわせ。 豚バラ肉は、塩漬けに。 今回は7日間にチャレンジ。コクのある味にしあがるといいなあ。 国産レモンも手に入ったので レモンの塩漬け、シトロン・コンフィに。 たのしいな。 12月2日(金)は今年4回目の陰陽ヨーガと食べる瞑想です。 今回初のwith アルコール! 共食とは、ともに食を囲んで食べること。 その豊かさも、一緒に味わいたいと思います。 「陰陽ヨーガと食べる瞑想+共食(プチ忘年会!」 日 時:12月2日(金)19:15-22:00 会 場:スペースわに  神戸市中央区中山手通3-15-11 2階 参加費:4,000円 ご予約:palmwinemusic@gmail.com ①お名前 ②お電話番号 ③E-mail 初参加の方は④ヨガの経験、動機などをご記入ください。 *食事の準備の都合上、出来る限り2日前までにご予約をお願いします。それ以降はお問い合わせください。 これまでに開催した「陰陽ヨーガと食べる瞑想」については、こちらをご覧ください。 blog 2016年10月 blog 2016年8月 blog 2016年5月 #食べる瞑想

© 2016 Rie Ishikawa