検索

断食をしてみました(その1)

2017年が始まって、もう10日あまりになりますね。 みなさんは、どんな年の始まりを過ごしていらっしゃいますか? わたしは、この年末年始に4泊5日の断食合宿に参加しました。 といっても、実はぜひとも断食をしたい!と思っていたわけではなく ヨガをして、海を見て、森林浴をして、瞑想もできる合宿に断食がついていた。 という位の気持ちで参加したのですが、思いのほか断食メインの合宿でした(タイトルが「断食合宿」なのだからそりゃそうです、笑)。 そして、思いのほかかなりの運動をする機会となりました。 最近は、あちこちで断食をしていますね。 わたしの知人は、子どものころからのアトピーが、断食ですっかりよくなって、とうとう断食トレーナーになった人もいます。 もしかして断食に興味のある人もいるかも、ということで今回はこの断食合宿のお話をしますね(長いです)。 断食といっても全く食べないわけではなく、一日かけて一食分程度の食事をしました。 これは、お昼に食べる小豆と梅干し入りの酵素玄米おにぎり、100g。 とってもおいしかったけど、とっても小さかった・・・! 一日のスケジュールはこんな感じです。 6:15-7:00 瞑想 7:00-9:00 経絡体操 9:00-9:30 朝食(りんご、にんじん、梅酵素のスムージーコップ一杯) 11:00-17:00 軽登山/ウォーキング、のち温泉(自由参加) 昼食(酵素玄米おにぎり小一個) 18:00-19:00 夕食(サラダお皿一杯、豆腐か豆乳など) 19:00-21:00 柔軟体操、やさしいヨガ、瞑想 22:00-   就寝 いやあ、もう一食一食がとても大事

東海道品川宿

テケテンツクストツクテンツクツ このところ馴染みの品川宿にいたら、朝から太鼓の音が聴こえてきた。 音に呼ばれて近づいてみると、道ばたでおじいさんが太鼓を叩いている。太鼓が3つ並ぶ台を置いて、叩き手がひとり、笛がひとり。 お正月からお囃子を生で聴けるなんて、ちょっとラッキー。お気に入りのカフェ、Kaidoが開くまで少し聴いていこうかしら、と道の向かいのベンチに座る。 太鼓と笛の音を聴きながら、ぽかぽか朝日にあたってうっとりしていると、笛のおじさんが近づいてきて、いろいろ教えてくれる。 お囃子の曲というのは、ぶっこみ、というのから始まって、いくつかのパートがある(忘れた)。太鼓はお客さんの様子を見て、次のパートに移っていく。笛は太鼓を見て聴いて合わせる。盛り上がっていればどんどん太鼓が笛を煽る。太鼓が指揮者のようなものだと。笛が一番大変、と3回くらい言った。 すると、太鼓のおじいさんも近づいてきて世間話をしだす。 ここの山車を出すなっていう馬鹿がいるんだよ、こっちのがでかいからってしがんで(ひがんで)やがる。そんな馬鹿野郎とはつきあわねえってんだ。 と、威勢のいい江戸っ子ぶり。その語り口は味わい深くて、まるで落語を聴いているみたい。落語のしゃべりは誇張でもなんでもなく、ほんとにこういう人がいてそれを真似ているのか、と感動。おじいさんは口が悪いのだけど、ほれぼれと聴いてしまう。 そのうち、「ちょいとやってみるか。」と太鼓を叩かせてくれることに。 目をつぶってみな。歌を覚えるんだよ。 テケテンツクストツクテンツクツ、テケテンツクストツクテンツクツ。

© 2016 Rie Ishikawa