Blog    ~Fire side chat~

          暖炉のわきでおしゃべりをするように

最新記事

December 9, 2017

「読まない『シャーマンズボディ』〜最初のレッスン〜」あとがき(その1)

思い出していること
感謝
旅は続く

「読まないシャーマンズボディ」はとてもコンセプチュアルな企画になったのではないかと感じている。コンセプトというのは「本」という「読むもの」を「読まない」企画というパラドクスを楽しむというのが個人的なテーマだった。蓋を開けてみると参加者の多くは「シャーマンズボディ」が何かわからず参加したというツワ...

April 30, 2017

ビオダンサ。命の踊り、ムーブメント。

ただそうあることをそのまま尊重してくれることの安心。

一年以上前のビオダンサ初体験は、自分を表現することがあまり得意でないわたしにとってもとても心地よく、自分を感じ、それを表すことのできた時間でした。

わたしにとってビオダンサは、誰に見せるでもなく、内面から湧き出るものを表現し、やさしく自分のあるがままを受け入れる、そんな体験です。

ダンスの経験は必要ありません。

谷町...

February 7, 2017

去年一年は陰ヨガを学び、実践する一年でした。


潤す、満たす、修復する。

自分の内側に沈んでいって

たゆたうような

どこまでも深く降りていくような

静かで落ち着いた世界。

わたしにとって陰ヨガがもたらしてくれるものは、とても大きな世界です。

身体をがんがん動かしたい!という時期が過ぎ、適度に身体を動かしつつ、より精神的な豊かさを求める傾向にある30代半ば以上の女性に、陰ヨガを愛する人が多いというのもうなずけます...

July 13, 2016

 ただ、相手の話を聴く、というとても単純なことを、普段どれだけしてるだろう。

裏を返せば、ただ話を聴いてもらうということを、あまりされていないということかもしれない。


 

ー相手が、何を話したいのか、感じながら聴いたのは初めてだった。

ー聴いているつもりで、頭の中では自分との関わりについてしか考えていなかったことに気づいた。

これまで、深聴夜(ディープリスニング)に参加してくださった方の声です。

次回の「〜...

May 25, 2016

 

 

ー 相手が、何を話したいのか、感じながら聴いたのは初めてだった。

 

 

ー 聞いているつもりで、頭の中では自分との関わりについてしか考えてなかったな~という気付きがありました。
話す、聞くということは日常的に行っているのに、軸は自分にあって、相手に置いてなかったという驚きもありました。

 

 

相手の“声”を大切に聴く、という対話のプラクティスで、参加者の方がこんな感想を伝えてくれました。


言葉と、言葉...

April 17, 2016

 

 

言葉を紡いでも、伝わらない。


同じ言葉を使っているようでいて、伝えたいことが届かない。

 

自分に正直に伝えたつもりが、相手を傷つける。

 

自分の世界観のなかで相手の言葉をとらえ、
言葉にとらわれて、本当のことがみえない。

 

ここでは、いったん言葉の世界を離れ、


身体の反応と、その素を追っていくボディワークによって


言葉の背後にあるもの、身体のなかにある智慧に近づくことを試みます。

 

自分の声を聴き、相...

Please reload

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

タグから検索
アーカイブ