Blog    ~Fire side chat~

          暖炉のわきでおしゃべりをするように

最新記事

June 23, 2017

「ヨガは、一つのアーサナと呼ばれるポーズができれば、それで終わりというわけではありません。アーサナに入ってから初めて、内面へのヨガが始まるからです。本当にヨガが面白くなるのは、こうして体を介して自分の内面と出会えるからです。クリパルヨガでは、アーサナをとってから、自分自身の可能性を最大に発揮できるところへ肉体を導いていきます。そのギリギリの瀬戸際のところを「エッジ」と呼びます。」

わたしの大好きなク...

June 7, 2017

潤す、満たす、修復する。



陰ヨガとは、ひとつのポーズを数分間保ちつづける、静的、受容的なヨガです。
身体の深部と心の内側にじっくりと働きかけていきます。

6月と7月は、呼吸法と合わせて行います。
呼吸は心と身体のかけはし。自然治癒力を高める効果もあるといわれています。一日に二万回も行っているという呼吸に、ひととき意識を向けてみませんか。


開催日:6月13日(火)、7月11日(火)

時 間...

December 3, 2016

「本当に注意を払っていると、他の人の貢献がよく分かる。」

12月2日に、「陰陽ヨーガと食べる瞑想」の会を開きました。

旬の食材を使って食べる瞑想のメニューを考え、試作することが目下の楽しみ。

今回は、旬のかぶ、根菜(人参、ごぼう、里芋)などを中心に組み立ててみる。

里芋の煮っころがしは、薄めのお出汁で歯ごたえがあるように少し固めに炊いて、塩気が薄いかわりに、片栗粉でとろみをつけて味がからむようにしてみる。

...

September 3, 2016

秋の食べる瞑想。

秋はいろいろと食べものの美味しい季節!

陰陽のバランスを考えながら、どんな素材を使おうかと、ワクワクしながら考えています。

根菜も美味しくなりますね。

(写真はイメージですヨ)

大切に育てられたお野菜は、味が濃い!

一口、口に入れてお箸を置く。

口にあるものがなくなるまで、噛む。

食べるという行為に、ただひたすら意識を向ける。

一日に何度もしていることだけど、

ただそれだけに集中していることなんて、...

August 13, 2016

 8月のメニューは、疲労回復をめあてに。

ヨガも、食べる瞑想も。

食べる瞑想は、旬の素材を活かし、可能な限りオーガニックにこだわった食材で、シンプルに素材を味わう時間にしたいと思います。

9月からは時間帯を変えることになりそうです。

身体を気持ちよく動かして、筋力をつける“陽”のポーズと、 
ゆったりとリラックスしながら、柔軟性を高める“陰”のポーズの 
二つの異なるアプローチによって、動と静の両方を楽し...

May 30, 2016

「陰陽ヨーガと食べる瞑想」

身体を気持ちよく動かして、筋力をつける“陽”のポーズと、 
ゆったりとリラックスしながら、柔軟性を高める“陰”のポーズの 
二つの異なるアプローチによって、動と静の両方を楽しみ、心と身体をリフレッシュさせ、また観察していく瞑想的なヨーガの時間です。 
集中力を高め、また落ち着きをもたらす簡単な呼吸法や瞑想も行います。 


陰陽ヨーガで心と身体をほぐしたあとに、食べる瞑想...

May 1, 2016

Yogaのなかにも、陰と陽がある。

 

「陰ヨガ」というものがあるとは知っていたけれど、以前はあまり興味を持っていませんでした。

 

アーサナ(ポーズ)に関しては、身体を気持ちよく動かして汗をかくことのほうを好んでいたので、じーっと動かない「陰ヨガ」を理解することができなかったのでしょうね。

 

陰と陽。

陰陽論とは、古代中国の思想で、宇宙に存在する全てのものは陰と陽に分け、対応(または対立)する関係にある、と...

Please reload

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

タグから検索
アーカイブ