検索

タルマーリーの野生の菌で醸すぱん

野生の菌で醸すパン。



「どうしてこんなに働かされ続けるのか? なぜ給料が上がらないのか? 自分は何になりたいのか?――人生どん底の著者を田舎に導いたのは、天然菌とマルクスだった。」


パンを食べる前に、本を読むところから入ったという、めずらしいパターン。


どう働き、どう人と関わり、何を食べ、何を着て、何を手放して、、、。 どう暮らすか、どう生きるかを考えるヒントは、いろいろな形でやってくる。

霧吹きしてトーストか、蒸してもおいしいと書いてあったので、それなら蒸してトーストしてみよう、とやってみたら、最高でした。

お取り寄せして冷凍(2回め!)。

小麦をまあまあ避けていたわたしへの福音です。

もうパンはこれだけでもいいかも!と思うくらいです(極端)。 三方良し、のいいものをちょっとずつ。という贅沢。 (そのかわり、欲でいい加減なものを買い食いする率を減らす、という志。できるだけ、笑)

いつか鳥取のお店にも行ってみたいな。

「田舎のパン屋が見つけた 腐る経済」 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000188142

野生の菌で醸す、地ビール、パン タルマーリー https://www.talmary.com/

0回の閲覧

© 2016 Rie Ishikawa