検索

マインドフルネスとアウェアネス


東京にて、マインドフルネスメディテーションのトレーニングを受けています。

全てのことに気づいていながら、集中状態を保つ。

チベットの高僧、チョギャム・トゥルンパ・リンポチェの教えを受け、45年間瞑想の実践と学びの普及を続けているアメリカ人、デイヴィッド・ニックターン氏による研修会です。by True Nature.

ここでは、マインドフルネスを、呼吸に集中する瞑想、

アウェアネスを、内側と外側で起きていることに気づいている瞑想、

としてその二つのハイブリッドを実践していきます。

呼吸と

内側に起きてくる感情、思考

五感で感じる感覚

そして、スペース。間。

これをそれぞれ等分に意識しながらの瞑想。

全てのことに気づきながら、集中状態を保つ。

あ。

これ。

コミュニティファシリテーションでも、この状態を目指しているのだと思う。

違うのは、変性意識状態は使わないことかな。

瞑想中も目を開けている。全てに気づいているために。

可愛い響きの言葉を聞いた。

ニャン。

チベットの言葉で、「一時的なもの」という意味。

いかなる感覚、感情も、やってきては流れていく。一時的なもの。

それをおいやったり、消そうとしたり、しがみついたりせずに、

ただそれがあることに気づいてる。

ただ実践あるのみ。です。


55回の閲覧

© 2016 Rie Ishikawa