木蓮

 

冬も春も夏も秋も
木蓮にみとれつづけていた時がありました。

葉が色づくころに
もう小さなつぼみが現れはじめるのを知ったとき
命の力強さに、目を覚まされたような気がしました。

やわらかい産毛につつまれたつぼみが
どんどんふくらんでいくときには、

吸い込まれるように近づいていって
どうしても、つぼみをなでてしまうのです。

ある日、真っ白い大きな花が
夜空に浮かぶようにいっぱいに咲きこぼれると
言葉を失って
ただただみつめています。

花が枯れ、緑の葉が茂り、葉が落ちて
またたくさんのつぼみができる。

季節を追って、ドラマティックに姿を変える木蓮の一年に
畏敬の念を覚えるのです。

新しい年のはじめです。
どんな一年になるだろう。どんな一年にしたいだろう。

ゆっくりと、自分の想いをときほぐす時間をつくりたい。

そして、相手を深く聴くということを
今年は、もう少し掘りさげてみたいのです。

よかったら、ごいっしょに。

「~心と身体の声を聴く~ ディープリスニングの夕べ(睦月)」
1月20日(水)19時30分~
コミュニティファシリテーション研究所 大阪実験室(阪急線神崎川駅)
https://www.facebook.com/events/901782566557347/

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa