陰ヨガを妙心寺で。

よく食べ、よく学び、よく寝転び、の8日間。


食べる量は普段の倍くらいだったかも。お米がおいしかったなあ〜。

毎日始発で通い、睡眠時間は5時間くらいだったけど(普段は睡眠7時間を切ると不調)、ほとんど疲れが出なかったのは、陰ヨガで身体が整えられて、リラックスできていたことと、毎朝・毎昼の瞑想のおかげだと思う。
なんにしろ、目をつぶっていた時間は長かったなー(ポーズを2−5分程度キープする間、だいたい目は閉じているのです)。

 

ー ポーズを保持するために最小の力だけを使い、あとは全てリラックスさせる。そうすることで最大の効果が得られる。

ー 骨、筋肉、内蔵などのすべてを包む筋膜という多水層は、身体中につながるネットワーク。この筋膜が意識を運ぶ、情報を伝達するというのが最新の脳科学者たちの意見。
(今これにがぜん関心があります。どなたか情報あったら教えてください〜。)

 

今回は、解剖学とポーズがメイン。陰陽論や経絡はこの次に。このところ漢方の鍼に通っているので、自分の身体で実地にも学んでいこうと思う(私は腎が弱く、寝ないとあかんと今日も言われてしまった)。


それと、長年の首、肩こりが陰ヨガで改善しそう、、、!という感触もある。

リズミカルに反復する動きで筋肉に刺激を与える陽のヨガと、筋肉をゆるめ、静止して自分の体重を使って腱や靭帯に刺激を与える陰のヨガ。全く別のアプローチ。


ヨガの陰と陽の両方の面を、身体で知ることができた貴重な機会でした。

そして、素敵な先生や仲間と出会えたことも、とてもありがたいこと。。。

この経験をわたしのなかに溶け込ませて、心と身体の探求を続けていこう。

 

Merci beacoup a vous tous!

Look inside to awaken..
With-Yin Yoga 
Yin yoga teacher training 1 
With-YinYoga Sebastian-Murielle
2016/3/22-29

 

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa