琵琶湖疎水のほとりで

 

身体に起きていること、

心に起きていることを受けとめて、

身体と心のありように気づく。

ただ、こうあると気づく。

 

あっていい、もある。

あって嫌だ、もある。

それもこれも、ある。

 

しんどいときは、しんどいよ。それも、ある。

 

ただ、ただ、ある、ある。

 

気づく、ということがもたらす可能性を、今は信じたい。

 

 

 

 

 

 

コミュニティファシリテーション

NVC

ヨガも

 

観察すること、気づくこと、がはじまり。

 

それをようやっと、身体で実感できそうな気がしてきた。

まだまだ、気がするだけなのだけど、

ただ、ただ、やってみることにした。

ようやっと、です。

 

 

今日は、琵琶湖疎水のほとりで、フェニックス・ライジング・ヨガ・セラピー(PRYT)のセッションを受けてきました。

 

ヨガに心理療法の手法をとりいれたPRYTでは、エッジと呼ばれる深い身体感覚の起きるところを探り、そこでの肉体的、心理的な状態への気づきをダイアログによって促します。

 

ちえさんと面識のない方、またはヨガをしたことのない方は、今のところ初回無料だそうです。ぜひ。

 

Suzuki Chie Yoga and Therapy

http://suzukichie.com/pryt

 

 

 

Please reload

最新記事

December 15, 2018

October 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa