五月の深聴夜

 

 

ー 相手が、何を話したいのか、感じながら聴いたのは初めてだった。

 

 

ー 聞いているつもりで、頭の中では自分との関わりについてしか考えてなかったな~という気付きがありました。
話す、聞くということは日常的に行っているのに、軸は自分にあって、相手に置いてなかったという驚きもありました。

 

 

相手の“声”を大切に聴く、という対話のプラクティスで、参加者の方がこんな感想を伝えてくれました。


言葉と、言葉になる前の実感の現れ、場の雰囲気、自分のなかに起きてくること、、、


様々なことに意識を置きながら、ひたすら相手に向き合うなかで、見えてくるもの。

 

そして、相手の"声”に耳を傾けるためには、自分の“声”を深く聴いていることが、助けになるように思います。

 

 

 

 

 

 

 

身体が知っていることは、たくさんある。
ふとした時、つい出てしまった動きの中に、まだ言葉になる前の実感が潜んでいるかもしれません。

 

前半は、ヨガで身体と心への集中力を高め、頭の思考を鎮めていきます。

より身体と心につながりやすくなった状態で、言葉になる前の自分のなかにあるものを、ボディワークによって探ってみます。

 

自分の大切なものにつながった状態で、後半の対話のワークに入ることで、相手の声を深く聴くことをより容易にしていきます。

 

まずは、自分への共感をたっぷり。そして相手への共感を。

 

ボディワークは、以前はあまり得意ではなかったのですが、頭をからっぽにして、身体をゆだねてみることは、意外と心地よい。かも。
初めての方も、歓迎です。よかったらご一緒しましょう。

https://www.facebook.com/events/262912030720622/

 

 

 

日 時:5月27日(金)19時分~22時00分
  (18時45分開場、開始までに着替えをすませてください)


会 場:コミュニティファシリテーション研究所 大阪実験室((阪急線神崎川駅徒歩5分、お申込された方に直接お知らせします)


定 員:7名


対 象:心と身体のつながりを大切にしながら、自分や相手と向き合いたい方

                  (Yogaやコミュニティファシリテーションの講座が初めての方も歓迎です)


参加費:1,500円からのスライディングスケール
    (お気持ちに沿う額をお渡しください)

 

申 込:こちらのサイトからお申し込みください。 http://comfaci.com/mail/apply/

持ち物等:動きやすい服装(着替え)、水、タオル、ヨガマット(200円でレンタル可)
*食事は一時間以上前におすませください。

 


*レンタルマットご希望の方は、その他ご要望欄でお知らせください。
 

Please reload

最新記事

December 15, 2018

October 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa