あたたまる。

麻油鶏、という台湾のスープをひっさーしぶりにつくりました。

 

週末は、東京で懐かしい友のおうちにお邪魔しました。

外に食べにいくよりも、おうちでなんかつくろ、と。

とっても寒い夜だから、あったまりたいな〜、と思い出したのが麻油鶏。

 

これ、けっこうすごいスープなんです。

何がすごいって、水分はお酒だけ、なのです。

 

 

 

<麻油鶏のつくりかた> 

ごま油をたっぷり入れて、しょうがを炒め、しんなりしたら、ぶつ切り鶏を加えて炒める。

そしてたっぷりの日本酒を加えたところ。好みで塩を。

15分ほど煮込んで、アルコールを飛ばす。

 

 

 

 

 

 

  

超簡単!

そして、濃厚〜な麻油鶏。

 

身体が温まり、滋養強壮の効果があるといわれています。

 

台湾では赤ちゃんを産んだあとのお母さんが、身体によいと食べるものでもあるとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のかぶをオリーブ油で炒めたのもおいしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかこの夜は、友と一緒にビールを飲みながらごはんをつくるのが

無性に楽しかった。

 

 

ビールのあとは、奈良の銘酒、風の森を。

 

きれいなうすはりで。

 

瓶のなかで発酵して、すこーしだけしゅわっとする日本酒に目がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セネガルのガラス絵のある窓辺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の朝の光がとてもきれいで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一度くらいしか会えなくなっちゃったけど、いつもあたたかく迎えてくれる友。

元気をもらいました。とってもあったまったー。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa