Yin Yoga With...(陰ヨガと五つの夜)(大阪、コミュニティファシリテーション研究所)

去年一年は陰ヨガを学び、実践する一年でした。

 

 


潤す、満たす、修復する。

 

自分の内側に沈んでいって

たゆたうような

どこまでも深く降りていくような

静かで落ち着いた世界。

 

わたしにとって陰ヨガがもたらしてくれるものは、とても大きな世界です。

 

身体をがんがん動かしたい!という時期が過ぎ、適度に身体を動かしつつ、より精神的な豊かさを求める傾向にある30代半ば以上の女性に、陰ヨガを愛する人が多いというのもうなずけます。

 

 

ふだんのクラスは適度に身体を動かす陽ヨガと組み合わせた陰陽ヨガをやってきましたが、

そろそろじっくり陰だけのクラスをしたいな、という想いが高まってきました。

(あるクラスでは夏の間だけ陰ヨガをやっていましたが、冬は主にパワー系になります、笑)

 

そしてもうひとつ。

「〜心と身体の声を聴く〜 ディープリスニングの夕べ」では、ヨガとボディワーク、そしてペアで互いに相手を聴くというワークをしているのですが、このヨガの部分を陰ヨガにしてみたら、とてもスムーズにボディワークにつなげていくことができることに気がついたのです。

 

ふだんは30分程度しかやっていないヨガのパートを拡大して、ボディワークや呼吸法、瞑想などと組み合わせることで、相乗効果を上げるような連続ワークショップを企画しました。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Yin Yoga With...(陰ヨガと五つの夜)」

潤す、満たす、修復する。

といわれる陰ヨガ。
陰ヨガとは、ひとつのポーズを数分間保ちつづける、静的、受容的なもの。
身体の深部と心の内側にじっくりと働きかけていく瞑想的なヨガです。

重力に身をゆだねて身体の微細な感覚、呼吸、内面へと降りて自分の心と身体を少し離れたところから観る。

自覚を高める、ということを通じて自分の人生を、少しだけ豊かな感覚を持って送るためのレッスンです。

各回ごとに、呼吸法、瞑想、エッセンスワーク、ヨガニードラ、食べる瞑想、という五つのテーマと合わせ、少人数で、たっぷり心と身体に向き合います。
身体が固い方こそ、今の自分の状態から無理せずに時間をかけて開いていく陰ヨガがおすすめ。初めての方、男性の方もどうぞ。

おおむね以下のように進める予定です。
第一夜~第四夜:陰ヨガ80分、+テーマ30分、シェアリング10分
第五夜:陰ヨガ100分、食べる瞑想80分(休憩、シェアリング含む)

シェアリングとは、自分に起きていたこと、気づきをお互いに語り合うこと。議論するのではなく、お互いを大切に聴き合う気持ちで。
話すことで少し客観的に見ることができたり、他の人の気づきに驚いたり。話したくないときは、話さなくても大丈夫です。わたしもシャイなので(笑)。

スケジュール:

3/16(木) 第一夜 Yin Yoga + 呼吸法
3/30(木) 第二夜 Yin Yoga + ヨガニードラ(微睡のヨガ)
4/13(木) 第三夜 Yin Yoga + エッセンスワーク
4/27(木) 第四夜 Yin Yoga + 瞑想
5/11(木) 第五夜 Yin Yoga + 食べる瞑想
(単発参加可能です)

エッセンスワークについてはこちらを

http://yoga-dialogue.wixsite.com/body-breath-heart/bodywork-dialogue

食べる瞑想についてはこちらをご覧ください。
http://yoga-dialogue.wixsite.com/body-breath-heart/bodywork-dialogue

時 間:19:30-21:30(120分)
   「+食べる瞑想」は19:00-22:00(180分)

会 場:コミュニティファシリテーション研究所 大阪実験室

   (詳細はお申込いただいた方にお知らせします)

定 員:各回5名

参加費:2,000円(単発)
   「+食べる瞑想」は食事込み3,500円
   *3回以上のご参加で3回目から500円引き
   *マットレンタル代200円

ご予約:
palmwinemusic@gmail.com
①お名前 ②お電話番号 ③E-mail ④希望の回、⑤ヨガの経験、動機などをご記入のうえ、上記アドレスまでお送り下さい。

持ち物など:動きやすい服装、水分、ヨガマット(レンタルあり)食事は一時間以上前におすませください。具合が悪くなることがあります。

 

 

 

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa