泣くということ

 

泣くことも、笑うことも
他にどうしようもないときに、人間がすることだ。

 

といったのはカート・ヴォネガット。だったと思う。
 

(こないだどうも酔っぱらって、ヴォネガットがどれだけ素晴らしいかを主張する、めんどくさい人になってたらしいのだけど全然覚えていない。というほど飲んだのは久しぶりでした、、、。同席の皆様、失礼しました!)
 

泣くことは、副交感神経(リラックスさせるほうの自律神経)を優位にする行為。
ということについての備忘録を。


 

なんらかの原因で、緊張が高まって交感神経が優位になり、
それが極まってくると、前頭前野が刺激されて涙が出る。

 

泣くことで、交感神経優位から副交感神経優位にスイッチする。
 

ホメオスタシス(恒常性)が働いて
自律神経のバランスをとっている。


 

ストレスが高まったとき、
泣いたり、食べたりしたくなるのは
身体が緊張から解放されることを求めて行うため。

 

泣く人ほど、実はストレスに強いんだそうだ。

 

ストレスを、泣くことで解放していることになる。
逆に泣くのを抑えてしまうと、、、。


 

男の子は泣くんじゃない、とか
人前で泣くなんて、とか
感情的になるな、とか

 

わたしは男の子じゃないけど
そういう“禁止”を自分のなかに持ってきたなあと思う。


 

きっと日本人のなかには、抑えることの美学のようなものがあって、その美しさを大切に思っていた、ということもあるのだろう。
 

ただ、ちゃんと感情を扱わないできたことは、自分のなかのバランスを欠いてきたように思う。
 

人生もきっと折り返しになってきて、もうヴォネガットの小説も、わたしの中でごっちゃになってきたような気がするし、このまますべてはドリーミングのなかに戻っていくのだろうかなんて弱気にもなるけれど。

 

泣こう。

そして笑おう。

 

 

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa