大阪・空堀にてアフリカの仮面を想う

西アフリカにいた当時、身近にあったダンスや音楽。

ダンスも、音楽も、自分のなかのドリーミングが現れたもの。

 

 

それは、場所や時代からの影響は免れない。
自分の表現とはいっても、それも共同体のみる大きな夢のなかの一部なのだろう。

 

アフリカの仮面は、儀式のなかで踊る。
死者、精霊の世界、見えない世界と、こちらの世の橋渡しをする仮面が、共同体の持つ大切な物語を、儀礼のなかで再現している。

 

なんとなく身近にあったものに、あらためて目を向けてみて
その奥深さに、驚き、おののいているところです。


 

物語する芸術祭 in 空堀。
「からほりmeets アフリカ!
まちの土着的な文化を見つけて、お面にしてみよう」では、
アフリカの仮面の持つ物語をご紹介します。

 

 

 

(有)アフリカンスクエアーさんのご協力で、本物のアフリカの仮面を3つお借りすることができました!
http://www.african-sq.co.jp

 

本物の持つ迫力や、どことなくとぼけたようなユーモラスな雰囲気を、間近でじっくり味わう滅多にないチャンスです。
 

そのあとは、一緒に空堀の町を歩いて、
町の文化から物語を想像し、仮面をつくってみます。
町歩きを担当するのは、空堀をこよなく愛する 梅山 晃佑 (Kousuke Umeyama)さん。

 

5/1(月)13:30-17:30、
谷町4丁目にあるコワーキングスペース往来にて。
https://ourai.jimdo.com

 

GW中の合間の平日ですが、よかったらご一緒に!

詳細はこちらをご覧ください。
http://karahorimonoart.strikingly.com/blog/7cfa5a244b8

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa