ビオダンサ 希望と共に歩く(大阪、6/3(土)

一年半ほど前に出会ったビオダンサ。

とても丁寧で、押し付けようとしたりせず、参加者を尊重するファシリテーションで

普段、自分を表現することがなかなかできないわたしも、

自然に自分の内側に向かっていき、それを表すことができた、とても貴重な時間でした。

 

ダンスって、きっとこんな風に心を現そうとして、動いていくうちに始まったのかな。

上手く踊る必要なんてなし。

誰に見せるためでもない、音楽と少しのきっかけによって

自分の内側に響くものを感じ、身体で表現してみる。

そんな体験です。

 

よかったらご一緒に。

 

 

 

ときには、立ち止まって、

じぶんの胸の内に秘めた、希望と共に、歩く。

ただ身の丈で。

快い足取りで。


ビオダンサとは、

生命のビオと、

様々な生活の動き……ダンサ。

それを一つにする、可能性。



とても楽しくて、愉快で、真摯な、調和に満ちた音楽と共に、

人々と自然な体験を分かち合うひととき。


『こんな在り方も、あっていい。』

……そんな風に、ひとときを。

じぶんに、ひとに、受け入れて、

この心と身体で、感じてみませんか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:6月3日(土)、18:30-20:30

場所:Camuro Dance Studio 1Fスタジオ
   大阪市中央区徳井町1丁目1−7
   地下鉄谷町線谷町4丁目駅下車、4番出口徒歩5分
   
http://camuro.jp/studio/
   (広くて気持ちのよいスタジオです〜)

参加費:ビオダンサ初参加者 1500
    (ビオダンサ経験者 3000)
    

定員:15名程度

ファシリテーター:深澤 康弘

申込方法:
palmwinemusic@gmail.com
     お名前・ご連絡先、ビオダンサ経験の有無をお知らせください


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたしたちは、幼い頃から、

『まいにち毎日、希望に向かって、毎日じぶんやまわりの人たちに、叱咤激励しつつ、頑張ることが、大切だよ。』と、

そんな教えを受けて、その通り、頑張ることを善しとして、今まで生きてきました。

それは、とても尊い教えだったし、立派なこと。

しかし、果たして、この頑張るという在り方は、いつ報われているのでしょうか。

希望が高く、夢が大きいことも、素晴らしいこと。

けれど、その夢は叶うまで、わたしたちは走り続けることなど、可能でしょうか?


いま、この時代が

わたしたちが、何よりも、必要としている、わたしたちの"真心"を育てていく、最も重要な取り組みの一つ。

心向くまま、足の向くまま、

どうぞあなたの、ありのままでいて、ご参加ください。


持ち物などは、特にありませんが、
動きやすい着替えがあると、心地よく参加していただけるとおもいます。
シューズはいりません。
羽織るものや、汗拭きタオル、飲み水などお持ちになると快適です。
ビオダンサでは、活発な動きもありますが、
それぞれの心地よさを大切に過ごしていただくことを、大切にしています。
生活のリズムを、心地よくしていくような働きがあります。
どうぞ楽しみにして、ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビオダンサは、南米発祥、50年余り、国境も人種も越えて、人びとの調和をもたらしているダンスムーブメントです。リラックスしてのびのびと全身の細胞が喜ぶ感動と共感の体験。ダンス経験は、必要ありません。

what's biodanza? 
日本ビオダンサファシリテーター協会HP

http://www.biodanza.jp/What.htm

 

 

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa