秋は乾燥に注意

 

 すっかり秋も深まってきました。

秋は空気が乾燥して、身体の潤いが不足する季節です。

 

秋に起きがちな身体の不調としては、肺や気管支のトラブル、粘膜(口、鼻、目など)部分の乾燥、皮膚、髪の乾燥、便秘、などなどがあります。

 

秋は、身体に潤いをもたらすものをぜひ食べましょう。

 

その筆頭にあげられるのが、白きくらげ。

これはきのこの一種ですが、水でもどして加熱すると、とろっとろのぷるっぷるの状態になります。味はほとんどなく、好きな果物と合わせてその食感を楽しみます。

夏は、桃とキウィ、秋は完熟の柿なんかもとっても美味しいです。

 

今回は、やはりうるおいをもたらすブドウと、水分豊富で身体の熱をとるという梨をコンポートにしたものとあわせて。

コンポートのシロップ(はちみつと白ワイン)もたっぷりと。

もう、ぷるぷる、うるうるです。

 

11月3日(祝金)の「陰ヨガと食べる瞑想」で、デザートにお出ししますよ。

 

他には和風ブイヤベース、新米、などなど。

 

これをじっくり、一口一口味わって。

食べるという普段の行為を見つめ直してみる機会です。

 

陰ヨガも、潤いをもたらすポーズを。

 

スペースわにの心地よい空間で、ご一緒に楽しみませんか。

 

 

https://www.facebook.com/events/244843006040920/?acontext=%7B%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22page%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22page_upcoming_events_card%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事

December 15, 2018

October 21, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa