陰ヨガと食べる瞑想レポート

少し前になりますが、4月12日(木)の陰ヨガと食べる瞑想のレポートを。

 

今回は、エコスペースゆうで手に入った有機野菜から考えたメニュー。
テーマは、春。そしてちょこっとフレンチ。

 

 

 

ラディッシュとバターと塩。
料理ともいえないほどのこのシンプルさ、笑。

これ、フランスではよく食べる組み合わせだそう。

 

口に入れ、噛んでみると、カリッとよい音が響く。
バターの甘みで、ラディッシュのさわやかな苦味がひきたつ。
この植物は、どうして苦味を持つことになったんだろう。
ラディッシュの生存戦略に想いをはせる。

 

 

 

続いてキャロット・ラペ。
口の中に入れると、まずクミンがふわっと香る。
それから、しっとりマリネされた細切りの人参の束を噛んでみる。
マリネは、オリーブオイル、ワインビネガー、はちみつ、塩、レモン汁、レモンピール。
レモンピールは酸味や苦味はなく、さわやかな香りがひろがる。
クミンではじまり、レモンで終わる。


さらさらとした唾液で口のなかが満たされている。

この野菜たちのおかげで、身体が洗われていくよう。
爽快。すぅっと、目覚めたような感じ。
あぁ、これで十分、という気になる。
(もちろん、他の料理も食べるのだけど)

 

 

 

 

今回のラディッシュ・バターは、全員にとって初めての体験。
どんな感じなの? と興味津々の様子。
そして、味わう。

 

 

この初めての体験は、当たり前だけど一回しかない。


二個目を食べるときは、どうなるだろう、という興味を持って食べたという人もいた。
結果、最初のときの新鮮な驚きはなかった、と。

 

 

新しいものやコトに出会うときのワクワクした気もち。
新鮮な体験。
でもその刺激にはいつか慣れる。

 

食べるという行為のなかにも、最初の一口の新鮮さ、次第にそれに慣れていくということが起きる。

この慣れていく、ということがあるから、人として生きて暮らしていけるという側面があり
慣れていくから、日常がおざなりになる、大切にしなくなる、という側面もある。

 

 

「本当に注意を払っていれば、他の人の貢献についてよく分かる。」


これは、わたしの敬愛するNVCトレーナー、ホルヘ・ルビオさんの言葉。
人だけでなく、本当は周りのもの全ての恩恵を受けているはずなのに、なかなかそれに気づくことができない。

 

注意を払うこと。払い続けること。
高い解像度で見ること。
そして、そこにある豊かさを、ちゃんと受け取りたい。それをよろこびたい。
まだ道は遠そうだけど。。。

 

そんなことを感じた時間でした。

 

 

 

次回の陰ヨガと食べる瞑想は、5/4(祝金)の夜に開催。

 

Space わにのレギュラークラスとしては最後になります。
神戸方面の方、よかったらお越しくださいね。

https://www.facebook.com/events/155833745242004/

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa