非暴力コミュニケーション(NVC)プラクティス ~きくを深める~

「非暴力コミュニケーション(nvc)プラクティス ~きくを深める~」

 

 



自分のことを、誰かに本当に深くきいてもらった、と思ったことはありますか。

人は何かを語るとき、刻一刻と「自分がどうきかれているか」を体験しています。

「きかれ方」によっては、相手に対して大きな信頼を感じ、安心して自分の内面を語れることもあれば、逆に軽くあしらわれたかのような失望を感じ、それ以上話す気をなくしてしまうこともあるでしょう。

では、どんな「きかれ方」をしたら、本当に深くきいてもらったと感じるのでしょうか。

この二日間では、「きく」、「きいてもらう」という両方の立場を繰り返し体験し、深くきく練修をしていきます。

発せられた言葉だけでなく、相手の内面にある感情や願いにも心を向けて、そして自分自身の内なる声をも大事にしながら、きくプラクティスに取り組んでみましょう。

*春に開催した同タイトルの講座を、内容を進化させて行います。
・・・・・・・・
開催日:2019年11月15日(金)(終了)、12月10日(火)の二日間
   (単発参加可能)

時 間:19:10-21:40(19:00開場)

会 場:ココプラザ
11月15日(金)会議室801
12月10日(火)和室702
大阪市東淀川区東中島1-13-13(JR新大阪駅東口徒歩10分程度)
https://kokoplaza.net/access/

対 象:
・NVCを学んだことがあり、さらに実践的な練習をしたい人
・NVCの講座に初めて参加する人

*単発参加も可能ですが、NVCの講座(ワークショップ)を初めて体験する方は、12月10日のみの単発参加はできません。

参加費:5,000円/2日分
    3,000円/単発参加
(当日現金でお支払いください。返金はできかねますのでご了承ください。)

定 員:8名程度

<申し込み>
https://forms.gle/iyV1yBFj6kPuNiHu5

・・・・・

ファシリテーター:
石川 梨絵
芸術大学を卒業後、世界の民族芸術や人々の暮らしに関心を持ち、コートジボアール、セネガルにて約6年間国際協力活動に携わり、西アフリカの豊かな文化に大きな影響を受ける。
帰国後は博物館にて、異文化理解/障害をテーマにした展示、ワークショップの企画運営に携わる。
よりよく生きることを模索するなか、NVC、プラムヴィレッジ伝統のマインドフルネスに出会い、プラクティスを始める。
現在は、ヨガ、ソマティック・ワーク、食、NVC、マインドフルネスなどの場を開いている。
身体と呼吸と心と。主催
インド中央政府認定ヨーガ講師、陰ヨガ講師

・・・・・

NVC(非暴力コミュニケーション)とは:
NVCとは、深いレベルで自分とつながり、相手とつながることによって、言葉の奥にあるギフトを受け取り与え合うためのコミュニケーションです。
私たちは、本来思いやりに満ちた愛のスペースを持っています。
NVCで使う言葉は、共鳴する右脳の言語で、身体の深い所に響き、共鳴しあう言葉なのです。響きあうことで自分や相手との境界線を超えた全体とのつながりを感じながら、自分や相手と深く対話していきます。
自分にとって本当に大切なことを知り、お互いがそれを満たし合うような関係性を築いていくことを学ぶことで、内なる愛にあふれたスペースから豊かな人生を育んでいくことができます。

・・・・・

主催:身体と呼吸と心と。
https://www.body-breath-heart.com/
https://www.facebook.com/body.breath.heart/
https://twitter.com/DialogueYoga
https://www.instagram.com/body_breath_heart/

Please reload

最新記事

November 8, 2019

October 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

© 2016 Rie Ishikawa